3月16日 ランガマティにて

みなさんこんにちは。
今日は昨日の夜乗った夜行バスで寄宿舎モノゴールにやってきました。チッタゴン丘陵地帯に入るときに日本人の私たちはバスから降ろされ、許可証を提示して許可をもらいチッタゴンの地に足を踏み入れました。

モノゴールに着くと田中さんの同僚に学校内を案内してもらいました。モノゴール内はとても広く、子どもたちの寮や給食を作っているところ、グランドやコンピュータールーム等、様々な場所がありました。寮では1人1つずつ机とベッドがありましたが個人を仕切るものはなく、この中で集団生活をしていくのは並大抵のことではないなと思いました。

モノゴール内を案内してもらった後は子どもたちと一緒に卓球をして遊びました。元気いっぱいの子どもたちと一緒に遊べてとても楽しかったです。

夜はモノゴールにいるお坊さんと一緒に夜ご飯を食べました。
バングラデシュの大多数はムスリムですが、少数民族の人々は仏教徒なのでバングラデシュに来て初めて豚肉を食べました。
今までの料理の中で一番好きな味でした。今日から始まるモノゴールでの生活がとても楽しみになるような1日でした(月岡)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です